【カバ】野生化では夜行性!

カバとは

分類 偶蹄目カバ科カバ属
英語名 Hippopotamus
中国語名 河马
大きさ 約3.5-4m
重さ 約1360-1480kg
食べ物 草・根・木の葉のような植物
寿命 約30年
暮らし アフリカ大陸で暮らしています。10~20頭で群れを形成して生活します。乾季には100~150頭の群れを形成することもある。

 

野生化では、日中は水の中にいて、夜になると陸上で草を食べます。動物園では餌の時間があるため、日中でも草を食べる姿を見ることが出来ます。人間のように汗を出して体温の調節が出来ません。汗のような赤い色の液体を分泌しており、紫外線や細菌から皮膚を守っています。

カバがいる動物園

円山動物園(北海道)
旭山動物園(北海道)
八木山動物公園(宮城県)
宇都宮動物園(栃木県)
那須サファリ(栃木県)
かみね動物園(茨城県)
東武動物公園(埼玉県)

上野動物園(東京都)
市原ぞうの国(千葉県)
富士サファリ(静岡県)
豊橋動物園(愛知県)
東山動物園(愛知県)
京都動物園(京都府)
アドベンチャーワールド(和歌山県)
天王寺動物園(大阪府)
王子動物園(兵庫県)
姫路動物園(兵庫県)
姫路セントラルパーク(兵庫県)

とべ動物園(愛媛県)
徳山動物園(山口県)
福岡市動物園(福岡県)
長崎バイオパーク(長崎県)
熊本市動植物園(熊本県)
平川動物公園(鹿児島県)
沖縄こどもの国(沖縄県)

どうぶつ関連おすすめ!

スポンサーリンク
おすすめの記事